スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイヤモンドって割れるの?

はい、割れます( ̄□ ̄;)!!



割ったことあります(((( ;°Д°))))



「まっさかー!ダイヤモンドってこの世で一番固いんじゃないの?」

と思ったあなた!



その通りです!



ダイヤモンドはこの世で一番固いのです。



なぜ割れるのか?



知っている方も多いと思いますが、

ダイヤモンドは皆さんが目にする形で原石として掘り出されるのではありません。



正八面体として出てくるのです。



それを、ラウンドブリリアントカット、オーバルカット、ペアシェイプカット、マーキースカットなどにするわけです。



つまり、原石を上記のような形にカットするわけですが、そのときに割ったり、削ったり、磨いたりするわけです。



その「割ったり」のときですが、ダイヤモンドにはヘキ開というものがあります。




へき開とは?



宝石にはよくある性質なのですが、簡単に言うとヒビが入っていて、そこから割れたりはがれたりする性質のことです。



トルマリン等に特徴的によく見られる性質です。



それが、ダイヤモンドにもあるのです。



そのヘキ開を基準にして、ダイヤモンドの原石をカットしていくのです。




「じゃあ、割れるのは原石の状態の時だけなんだ?」



と思った、あなた。



不正解です。



ちゃんと綺麗にカットした後でも割れます。



カットされたダイヤモンドでも、ヘキ開はまだ残っているのです!



無理な圧力や力が入ると割れる事があります。



特にガードルと呼ばれる、ダイヤモンドの一番薄い部分が!



我々ジュエリー職人は、宝石を指輪などにセッティングするときに、鏨(タガネ)と呼ばれる道具を使うことがあります。

鏨

こんなやつです(^O^)



これを、小さなハンマーで叩いて使うのですが、使い始めの頃はなかなか狙った所に使えません(x_x;)



そんな時、間違ってダイヤモンドを叩いてしまったりするのです(x_x;)



そして割れます。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。



そんなことは、めったに無いんですけどね(*^▽^*)



よって、ダイヤモンドは割れるのです( ̄□ ̄;)



信用のために言うと、私も見習い時代に一度だけしかないんですけどね(´0ノ`*)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FLASH文字時計
FC2カウンター
Flashカレンダー
プロフィール

shinkousha

Author:shinkousha
ようこそ!
祖父、父、私と三代技能を受け継ぐジュエリー職人のブログです。

資格:一級貴金属装身具技能士
    職業訓練指導員
   
東京貴金属技能士会委員
全日本貴金属技能士会連合会委員

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。